自治体や不用品回収業者を利用して粗大ごみを処分する方法

MENU

粗大ごみの処分方法とは

粗大ごみの処分方法には、自治体を活用する方法2種類と、不用品回収業者を活用する方法、合計3種類の方法があります。それぞれの特徴を見るために、簡単さ、早さ、値段の安さで比較します。
粗大ゴミ 処分 01

簡単さ、早さ、値段の安さとは?

簡単さは、粗大ごみを処分したい人にとっての簡単さで、星が多いほど楽に処分できることを示します。
早さは、粗大ゴミ処理にかかる時間で、星が多いほど短い時間で処分できることを示します。
値段の安さは、星が多いほど安い値段で処分できることを示します。

自治体の粗大ごみ回収に引き取りに来てもらう

簡単さ   ★☆☆

早さ    ★☆☆

値段の安さ ★★★

自治体に粗大ごみを引き取り処分してもらうことの最大のメリットは安さです。
粗大ごみ1点につき、最大でも5,000円もかかりません。しかし粗大ごみ処分シールの購入や、役所やごみ収集センターとの連絡など手間暇がかかります。

指定場所に持ち出さなくてはいけないため、マンションの高層階から1階の指定場所に持っていくような処分方法は、簡単とは言えません。

さらに自治体の都合で引き取り日を指定されるため、こちらの希望がほとんど通りません。
回収日が1週間後、1週間以上後ということもあります。
粗大ゴミ 処分 03

自治体の粗大ごみ回収場所に持ち込む

簡単さ   ★☆☆

早さ    ★☆☆

値段の安さ ★★★

自治体の粗大ごみ回収センターで粗大ごみを処分する最大のメリットは安さです。
しかしこの方法はほとんどの自治体で行なっていません。
例えば東京都足立区では持ち込めば無料で引き取ってくれますが、大きな粗大ごみを持ち込む運搬作業が大変なだけでなく「年度内に1家庭2つまで」という持ち込み個数の制限があります。

例えば1人暮らし同士の人が一緒に住むことになり家具家電をたくさん捨てたいとか、家具家電完備のシェアハウスに移住するとか、そんなときは粗大ごみ2つだけでは収まらない量を処分したい、ということになり、活用しづらさがあります。

不用品回収業者

簡単さ   ★★★

早さ    ★★★

値段の安さ ★☆☆

不用品回収業者の最大のメリットは簡単さと早さです。深夜でも、電話をして「今から処分をしたい」と伝えると引き取りに来てくれるような業者もいるので、思い立ったらすぐに依頼できます。
事例が出て1週間以内に片付けないといけないので3日後には引き取りに来てほしい、そんな時でもすぐに来てくれるでしょう。

手軽に依頼でき、希望の日時が通りやすく、重たい粗大ごみも家まで取りに来て運んでくれる、至れり尽くせりのサービスのぶん、値段は安くありません。
料金は自治体を利用する方法を比較すると倍以上に上がります。
粗大ゴミ 処分 02

終わりに

時間をかけて安く処分するか、時間をかけずにさっさと、そこそこの値段で処分するか。
不用品回収業者を高いと思うか安いと思うかはそれぞれの価値観ですが、女性の1人暮らしでは持ち運べないような大きさと重さの粗大ごみを家まで引き取りに来てくれるのはとても便利で頼もしい存在です。

もちろん他には人にあげるとかリサイクルショップに譲るとか、他にも処分方法はありますが、人にあげるときは粗大ごみ次第、リサイクルショップに売るときはリサイクルショップや品目次第なので比較しづらく、今回の比較対象外としました。

あなたの処分したい粗大ごみに合わせて、良い処分方法を選んでくださいね!