ゴミ屋敷・汚部屋を業者に依頼した際の見積から片付けまでの流れ

MENU

ゴミ屋敷を片付けるまで流れ

ゴミ屋敷の片付け映像や、写真を見たことがありますか。
ものすごくスッキリしますよ!実際に「ウチもゴミ屋敷だわ」「片付けてもらいたい」という方はいらっしゃいますか?お気軽にお問い合わせください!と言われても、どんな流れで片付けが行われるのか知りたいですよね。
ここではゴミ屋敷の片付けの流れをお伝えします。
ゴミ屋敷の片付けの流れとは

問い合わせる〜質問に答える、質問をする

業者に問い合わせをすると、業者からいくつかの質問をされます。
いつの日程で片付けを希望しているのか、部屋はどの程度のゴミ屋敷なのか、どのくらいの部屋数がゴミ部屋になっているのか、家中が本当にゴミ屋敷なのか、などの質問をされるため、回答します。

逆に業者に質問をしたいことがあったら質問しましょう。

見積金額を提示してもらう

見積金額を提示してもらいます。
見積もり金額とは、「あなたのゴミ屋敷の片付けにはいくらかかる見込みですよ」という見込みの金額です。

見積書はメールの本文やメールに添付されたPDFファイル、もしくはFAXなど、文字で形に残り見直せる形式で見積を受け取っておき、お金の支払いの方法と支払い期日もはっきりさせます。
方法は現金、クレジットカード、銀行振込、電子マネーなど。支払い期日は、前払いか後払いかなどです。

ゴミの量が多いほど作業時間が長くかかったり、作業員の人数が増えて料金も高くなりますが、「高くなって当然」ではないため不明点があるときは臆せず質問をしましょう。
ゴミ屋敷の片付けの流れ見積り

業者を決める

複数の不用品回収業者やゴミ屋敷片付け業者に見積りを出してもらい、比較をして、業者を決定します。
最も安い業者が最も良い業者とは限らないので、口コミなども参考にして選びます。

この時点で過度な値引き交渉をすると、業者からあなたの印象が下がることもあります。
あまり過剰な値引き交渉はしないほうがいいでしょう。

しかし例えば「土日の作業ですが、平日に変更すると値段が下がることはありますか?」「急ぎではないのですが、そちらの都合のいい日時に来てもらうことで値段が下がることはありますか?」など、「なにかをしたら、現在の見積金額が下がる可能性はありますか?」という質問の仕方をすると失礼に聞こえません。

業者に来てもらう

金額の折り合いがつき業者が来る日時が確定したら、その日を迎えるまでに特に準備をすることはありませんが、業者から「こんなことをしておいてください」と依頼があった場合はその通りにしておきましょう。

例えば貴重品は分けておいてほしい、捨てるかどうか判断に困るときはどうすれば良いか(立ち会わないとき)など、細かいことは事前に決めておきましょう。

ゴミ屋敷の片付けに立ち会う時も立ち会わないときも、当日を迎えたらあなたがすることは特にありません。
業者の片付けを眺めていても、手伝っても大丈夫です。

手伝うときは汚れても良い服を着て、軍手とマスクを着用しましょう。
ゴミ屋敷の片付けの流れ業者決め

作業完了

作業完了に立ち会うと「作業完了証」のようなものに署名を求められることがあります。
作業が完了したことを見届けた、とサインをします。

料金の支払いは作業完了前後に行うことがほとんどです。
業者の指定する支払い方法で料金を支払います。
このとき、見積もりの時点での見積書と金額に相違がないか確認し、違うときはなぜ違うのか理由を聞きましょう。以上で作業は完了です!
ゴミ屋敷の片付けの流れ作業完了

終わりに

業者にゴミ屋敷を片付けてもらうのに、難しいことはありません。
値段やタイミングさえ合うのであれば、断捨離後に大量に出た不用品の処分や片付けを依頼したり、なかなか出せずにベランダに溜まってしまったゴミなどを運んでもらったりと、「ゴミ屋敷」ほどはないような状態でも気軽に依頼してもいいんですよ!ぜひ活用してみてください。