ゴミ屋敷状態にしやすい人が多い職業

掲載依頼
MENU

ゴミ屋敷する人の多い職業とは

ゴミを溜め込む、不用品を片付けられない、家や部②屋じゅうがゴミだらけになっている人の職業には規則性があるといいます。
ゴミ屋敷 職業 03

ゴミ屋敷を作りやすい職業の特徴とは?

ストレスが大きく、多く、人の生死に関わる、人前で弱みを見せることができない、人に頼ることのできない立場である(自分が人から頼られる立場である)、このような特徴が揃うとゴミ屋敷を作りやすい傾向にあるといいます。詳しく見てみましょう。

やりきれない現場に関わってしまう職業〜看護師や介護職

ゴミ屋敷 職業 01
看護師や介護の職業についている人は、医療や科学的な治療でもどうしようもできない現場に多く立ち会います。そのような現場を見守り、見届け、寄り添うことも看護師や介護の仕事ですが、機械的に淡々とこなせる人の方が少ないのではないでしょうか。

治療に励んでいたけれどもう打つ手がなくなった、余命を宣告されたけれどまだ幼い子供がいる、闘病をしているけれど家族の見舞いがない、看病の甲斐なく苦しみながら息を引き取ってしまわれたなど、「なるべくなら目の当たりにしたくない」と思ってしまうようなシーンが仕事のあちこちに散らばっています。
患者様や介護相手の情報がプライバシーにも関わることなので、見聞きしたことを人に話すこともできず自分の中で抱えてストレスを抱えて帰宅すると、食後にゴミを片付けないことくらい小さなことに思えてしまい、ゴミを分別する気力もなく過ごしてしまうのかもしれません。

社会的地位が高い職業〜士業など

ゴミ屋敷 職業 02
社会的地位が高い、国家資格を保有している、自分が人に頼られる立場で人に頼ることができない立場についているなど、

このような職業や立場の人からの不用品回収やゴミ収集の依頼は多いそうです。
士業や国家資格保有職などは仕事で「先生」と呼ばれることも多く、人に教え人を導くことを求められます。
人に頼られることには、プレッシャーが伴います。常に模範となる言動を求められ、多数の視線を浴び、バカなことはできません。
そのような過度なストレスを浴びる人にも、そのストレスの反動か、ゴミ屋敷を作ってしまう人が多いそうです。

人間の嫌な側面、生々しい側面を見てしまう職業〜公務員

公務員といえばどのような仕事があるでしょうか。
お役所仕事だけではありません。
救急消防、警察、自衛隊など有事の際に出動する人たちも公務員です。彼らは国民のために、地域住民のためにと、時には身を呈して行動することを求められます。

消防士が休憩中に自動販売機でジュースを買っていたことが非難されるようなこともありました。ジュース1本買う姿も、国民に見られてどうこう言われるなど、なんとストレスのかかる仕事でしょうか。
公務員の中でも、自分以外の人を守らなくてはならない責任と義務を持つ役職の人にかかるストレスは大きく、人のことは守るけれど自分を守ることを後回しにしてしまい、自分自身の生活環境や部屋を清潔に保つことなどに気を配れないほどに疲れてしまい、ゴミを溜め込んでしまう人もいます。

終わりに

人を守る、部下を守る仕事は、命を預かる責任の重さから、働く人のストレスが重くなってしまいます。
自分を大切にすることがどうでもよくなってしまい、ゴミ捨てをする気力も体力もなくしてしまいます。
ゴミに囲まれた汚い部屋に居ることはよっぽど不幸ですが、「自分の仕事の現場よりマシ」と思ってしまうのかもしれません。

もし家族や友人に思い当たる職業の人やゴミを溜め込みがちな人がいたら、掃除をしたくてもする気持ちになれないのかもしれない、と察してあげてください。
そして「掃除してる?」「ちゃんと掃除しないとダメだよ」など強めの言葉ではなく、「朝カーテン開けてる?」「最近天気いいから窓開けると気持ちがいいよね」など、ゆるやかに気持ちをほぐすような言葉をかけてあげましょう。
実はすごく不用品を溜め込んで居る、ゴミの片付けができない汚部屋の持ち主だった、そんな事実が判明したら一緒に掃除業者を探してあげてもいいかもしれませんよ。
ゴミ屋敷 職業 04