近年増えており社会問題であるゴミ屋敷の傾向や背景について

掲載依頼
MENU

ゴミ屋敷の傾向

近年増え続けるゴミ屋敷の傾向を紹介します。「ゴミ屋敷なんてあるのか〜」なんて面白がって読もうとしているあなたの部屋や家には、ゴミ屋敷や汚部屋の傾向はありませんか?
ゴミ屋敷の傾向と特徴

一戸建て、マンション、アパートでもゴミ屋敷はある

ゴミ屋敷、屋敷というと一戸建てのイメージが浮かびませんか。ゴミ屋敷という言葉には2階も3階もありそうな戸建てをイメージします。
近年のゴミ屋敷はマンションやアパートの一室でも発生しており、戸建てにとどまらない広がりを見せています。都会の真ん中に立つマンションや美しい外観のアパートでも、中はゴミだらけという部屋も、あるかもしれません、ではなく実際に存在しています。
平成26年に大阪市が出した調査結果によると、ゴミ屋敷は一戸建てが約47%、集合住宅などが約33%、その他が約20%でした。一戸建てが約半分を占めますが、マンションやアパートでもゴミ屋敷は作れることがわかります。
マンションやアパートの高層階に住んでいると、ゴミをゴミ置場に運ぶのもちょっとした一仕事でしょう。ゴミをまとめて、エレベーターに乗り、指定の場所まで捨てるのは大変なことです。マンションやアパートの暮らしはゴミ屋敷化は汚部屋を作りやすいかもしれません。

ゴミ屋敷を加速させる社会の核家族化

核家族化がすすんでいます。単身者のみの世帯、親と子供のみの世帯、親のみの世帯など、世帯がコンパクトで少人数になってきています。

一人暮らしはゴミ屋敷を作りやすいのか?

ゴミ屋敷に関する調査を行なった大阪市、京都市の調査結果によると、ゴミ屋敷を作った人が1人暮らしで同居人がいない割合は大阪市で55%、京都市で60%にのぼりました。同居人がおらず1人で暮らしていることがゴミ屋敷を作る理由の一つになっていると考えることができます。
一緒に住んでいる人のために、子供たちを健康に過ごさせてあげるために食事を作ったり部屋を清潔に保ったり、そのような日常で当たり前のことでも「誰かのために」と思って行動することは多いものです。

ゴミ屋敷を増やす要因の一つ「高齢化」

ゴミ屋敷の傾向と高齢化
大阪市と京都市の調査によると、ゴミ屋敷の所有者には50代以上の高齢者の割合が高いことがわかりました。
歳をとり体が動かしづらくなり、手足が痛い、ゴミ捨てのために立ち上がることや外出することも億劫になる、重くてゴミを持てない、手足が器用に動かなくて分別作業が大変になるなど、ゴミを捨てることもゴミ捨てのルールを守ることもうっとおしくなってしまうことがあるのかもしれません。
日本の総人口に占める65歳以上の人口は約30%にのぼります(平成30年度推計、内閣府の発表より)。高齢者が増えるほどゴミ屋敷も増える、つまり今後もゴミ屋敷が増えていく傾向にあると言えるでしょう。自分の両親や親戚と電話だけで話していませんか。家の様子は見ていますか。「実はゴミが積まれている」という部屋もあるかもしれませんよ。

収集癖はゴミ屋敷になりやすいのか?

好きなものが多い、好きなものがモノで発売されることが多い、発売されたモノを買わないと気が済まない。これらが当てはまる人は要注意かもしれません。インターネットで情報が氾濫し、ひっきりなしに限定品や特別仕様の商品やグッズなどが作られ、「好きな人にはたまらない」という商品が世の中にたくさん流通しています。
ボタンひとつで注文できる、クレジットカードで手軽に買える現代の買い物のしやすさから、モノを買いすぎてしまう、収集しすぎてしまう人もゴミ屋敷を生み出す傾向にあると言えるかもしれません。

職業に応じた偏り〜こんな仕事の人は汚部屋を作りやすい

ゴミ屋敷の傾向と職業

  • 昼夜逆転の生活になってしまう職業
  • ストレスの多い職業

夜急いで仕事に出かけ、朝疲れて帰宅する。仕事でストレスが多く、帰宅すると無気力になって何も手につかず活動的なことができない。このような職業や環境は汚部屋を作りやすい傾向にある、と複数の掃除業者の方が話しているそうです。
昼夜逆転生活はゴミ捨てを行うタイミングが難しくなり、ストレスが多いと体が休むこと、回復すること、ストレスを解消することに注力してしまいゴミ捨てをなおざりにしてしまうのかもしれません。

終わりに

ゴミ屋敷はこれまで、本人の自己申告ではなく、周囲が自治体に通報して問題が表面化することが大部分を占めていました。
しかし現在では、マンションやアパートが増え、ベランダか玄関しか見えず部屋の中がどうなっているかわかりづらい、核家族化の進行、近所や周囲との繋がりが希薄になる、家に遊びに行きあうような習慣も減り、引きこもりも増え、ゴミ屋敷や汚部屋の問題が表面化しづらくなっています。
孤立化がすすみ誰にも頼れないことは少々寂しいことですが、部屋を不潔に保っていると自分自身や家族の健康が危ぶまれます。お金をかけて業者に頼ってでも、清潔な部屋を作りませんか。
ゴミ屋敷の傾向と孤立化